その他の診療・治療

 Home / その他の診療・治療

ニンニク注射

ニンニク注射

ニンニク注射と言っても、ニンニクのエキスが入っているわけではありません。ニンニク注射は、ビタミンB1を中心とした静脈注射で、注射をするとニンニク臭がしてくるため、この名がつけれられたと言われています。

慈恵クリニックのニンニク注射にはアリナミン、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンCが含まれています。

こんな時に時にご活用ください

  • 疲労の強いとき
  • 体力を回復したいとき
  • 病後
  • 夏バテで食欲の無いとき
  • 元気で仕事をしたいとき

安全性

過剰投与による副作用は一切ありません。毎日でも投与可能です。
厚生省の認可も受けている薬剤です。プラセンタとの併用で、さらに効果があります。

効果

疲労回復、筋力アップ、腰痛、肩こり、筋肉痛、関節痛、神経痛の改善、眼精疲労、貧血の改善、胃腸の働きが良くなる、にきび、肌荒れ、口内炎の改善

費用・ニンニク注射プラン

ニンニク注射 2,160円(税込み)
ニンニク点滴 2,700円(税込み)

禁煙外来

禁煙外来

禁煙後の離脱症状を抑え、禁煙を助けてくれるお薬をお出しいたします。(健康保険適用可能)

お薬の種類

ニコチンを含まない飲み薬…チャンピックス(ニコチン切れ症状を軽くし、タバコをおいしいと感じにくくします)
貼る薬…ニコチンパッチ
チャンピックスを使うと成功率が約3倍、ニコチンパッチを使うと約2倍に高まるといわれています。

健康保険で禁煙治療を受けるには

1. ニコチン依存症を診断するテストで、5点以上であること
2. 35才以上の方 〔一日の平均喫煙本数Xこれまでの喫煙年数〕が200以上であること
3. 一ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っていること
4. 禁煙治療を受けることを文章で同意していることが必要です

費用

チャンピックス(約12週間) 約18,000円程度
ニコチンパッチ 約12,000円程度

※費用は健康保険適用後、3割負担の金額

がんの相談

がんの相談

ガンと分かった時、頭が真っ白になってしまうと思います。
そして誰かに相談したいと思いますよね。

でも病院でガンと診断されると主治医の先生から一方的に治療方針や今後の治療の事を説明されて、あまり考える深く時間はないように思います。

本当は西洋医学的な治療(外科治療、化学療法、放射線治療)以外にも自分で試してみたい治療法があるかもしれません。だけど誰にも相談できないのは本当に辛いことだと思います。

慈恵クリニックではホリスティック(全的)な考え方で、西洋医学や代替療法も含めて現状ではどのような事が可能であるか、自然治癒力を高めるのにはどのような方法があるか相談させて頂いています。

まずはお気軽に受付までお電話下さい!

栄養療法

栄養療法

海外ではオーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)と呼ばれ、1960年代から多くの精神疾患領域の治療として応用されてきました。 日本でも新宿溝口クリニックを中心に各地でオーソモレキュラー療法に関心のある医師達が治療に栄養療法を行っています。 海外では、この治療は多くの分野で応用されています。 内科疾患領域だけでなくアンチエイジングの分野やガン治療に対して積極的に栄養療法を活用し治療効果を上げています。 当院でも栄養療法を治療法の大きな柱として活用しています。

栄養状態のインバラス解消の為に適切なサプリメントを選択

一般的に使われている栄養療法には次の2つの考え方があります。
その1つが、不足している栄養素を補うという考え方です。栄養状態が良くなった現代の日本では明らかな典型的な欠乏症を呈することは希でありますが、潜在性の欠乏状態を栄養素を用いて補正するという考え方が、栄養療法の1つの考え方です。またもう1つ別の考え方は、栄養素が持つ機能を病態の改善のために用いる方法です。この方法では、栄養素とはいえないような物、例えばオリーブ葉エキス、イチョウ葉エキスなどのサプリメントやナットウキナーゼなどの機能を有する栄養素も含まれます。

そして栄養療法の中心をなすものとも言える、分子整合栄養医学によるアプローチは、上記の2つの方法とは異なります。私たちの細胞を構成する分子のバランスの乱れ(インバランス)を、栄養素を用いて整える方法論です。そのために、一般的に考えられているような栄養素の投与量とは異なる量(至適量)が必要になります。栄養素の代謝の特性を考慮すると、互いに相互作用を持つ多くの栄養素を用いる必要もあります。
検査データから不足が読み取れる栄養素の補給も、単純に不足を補うだけに必要な量ではなく、一般的な量の時には100倍の量を処方することも多くあるのはそのためです。
当院の栄養療法は、ここでご紹介した幾つかの理論を組み合わせて行っています。

患者さんの状態に合わせてサプリメントを選択

  • 個人の血液検査データに基づきサプリメントを選択します。
  • サプリメントによるアプローチを数ヶ月~半年後の再検査で検証することができます。
  • 使用するサプリメントは、高純度・高品質の治療に適した製品です。 薬品ではありませんので、薬害についての心配はありません。
      また、薬の効果 を高め、副作用をやわらげるものですので、薬と競合することはありません。
  • サプリメントは個人の病態や年令に合わせて、吸収しやすいように種類を豊富に揃えてあります。
  • サプリメントはGMP(適正製造規範)基準適合工場でつくられています。
      GMP基準というのは医薬品の製造に関してその効果や安全性を確保するために設けられたものです。
  • 1粒の含有量が非常に多く、効率的です。また1mg単位で計算すると、天然サプリメントの価格帯では、非常に安価です。
  • 吸収と安全性を考慮した複合体でつくられています。

ガン治療と栄養療法

ガン治療には、効果的な栄養摂取が必要不可欠です。手術、抗ガン剤、放射線などの標準的な治療に効果的な栄養補給をすることによって、治療効果の増強や副作用の軽減などが得られます。
標準的な化学療法や手術・放射線療法を行った患者さんが治療後に生存した期間と、栄養療法を行った患者さんが生存した期間には明らかな差がみられると言われています。

  • 生活の質(QOL)を上げて元気で長く生きていたい
  • 副作用がない治療で体の中から改善したい
  • 抗がん剤などの副作用を軽減させたい
  • 免疫力を上げて再発を予防したい

通常のガン治療以外に栄養療法も試してみたい場合は、相談して下さい。

ガン治療における栄養療法について

ガン治療において“治療の過程で低下する体力をどのように回復させるか” “どのように体力の低下を防ぐのか”これらは大きな問題点であるにも関わらず、 現在の西洋医学的治療ではほとんど考えられていません。
効果的な食事方法やサプリメントを用いた栄養補給を行うことで、免疫が下がらずに良好な状態を保つことがあります。 このような状態の時には、ガンの進行が遅くなったり、止まったりすることがあります。つまり日常生活の質を落とすことなく元気でいる時間を、長くすごすことができると言うことです。

病気にならない体を作るには!

活性酸素を除去する

抗酸化作用のある野菜を十分に摂ることが重要。
不足しがちな人はサプリメントで補う。

活性酸素の発生を抑える

  • 不足しがちな人はサプリメントで補う。
  • アルコールを控え、タバコを止める。
  • 規則正しい生活を送る。
  • 適度な運動をする。
  • 睡眠時間を確保する。
  • 食事の質を変える。
  • 精神的ストレスとためない
  • いつも笑顔で明るくプラス思考

免疫力の強化

  • 栄養を充分摂る
  • 適度な運動を行うことで肉体の強化と生体エネルギーの強化を図る
  • 体操、太極拳、気功法などを行うことで心身ともにリラックスした状態を作る
  • 睡眠時間を充分取って疲労回復させる

細胞、血液の修復

  • タンパク質、ビタミン、ミネラルなどが豊富な栄養を十分に摂る
  • オメガ3係脂肪酸を充分に摂る
  • 良質な水分を摂る

老廃物と有害物質を分解、排泄する

  • 食物繊維を充分摂り、老廃物を体外に排泄するように努める
  • 良質な水分を充分に摂って、体の中から尿中に排泄するように努める
  • 発汗による排泄を促す
  • デットクス作用のあるハーブやサプリメントも併用する
当院へのご予約・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
当院へのご予約・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
0743-57-6131
予約・お問合せフォーム